<< An active volcano 🌋 | main | Acorn Class 👶💕 >>
No, No, No. It’s...

Pocket International Preschoolでは、phonics学習にも力を入れています。


本格的にphonicsの学習を始めるのは3歳になってからですが、それ以前もAlphabet songの2番でphonicsの音に慣れ親しみ、また3歳以上の子に混ざって学習することもあります。


今日のphonics学習も、まずはAlphabet chartを指で指しながらAlphabet songでalphabetとphonicsの確認です。



2歳の子も、見よう見まねで指を指しながら口ずさんでいます♪



今日のこちらのクラスでは、”s”を学習していました。



phonicsの学習では、“s, s, sausage”と音を確認してから単語を発音することが多く、子ども達にもそのパターンが定着してきています。



それがphonics lesson以外の時間にも、子ども達同士の会話の中に出てくるようになりました。


手を洗って廊下でみんなが終わるのを待っている間の一コマをご紹介します。


突然一人の子が


“r, r, rabbit, right?”


と(rの音を正しく覚えているか)みんなに尋ねると…


“Yes, yes! r, r, rabbit!”


続いていくつかみんなで確認しあった後、とある子が、


“ぶ, ぶ, baby class!”


とbの音を日本語の「ぶ」の音で言いました。(baby classはAcorn classの通称です。)


すると…


“No, no, no. It’s b, b, baby class!!”


と先生のように、そしてとてもやさしく正しい音を教えてあげていました。


教えてもらった子は、


“Ahhhh! b, b, baby class!!”


とすご〜く納得し、みんなもその様子にニコニコ♪



子ども達同士で教え合えるのも、とても大事な刺激になります。特に年齢の低いうちは、周りからの影響も大きく、聞(聴)いたこと、マネしたこと、一緒にやったこと、などなど…全てを吸収していっているのです。


さて、明日はどんな先生が生まれるでしょうか(^-^)



Pocket International Preschool 

| - | 18:47 | comments(0) | - |
コメント
コメントする